住宅診断と瑕疵保険

売買後に瑕疵(隠れたキズ)問題が発生した場合どうするのか?
買主様も売主様もとても気になることではないでしょうか。

そういった不安を安心に繋げるためにも、ホームインスペクション(住宅診断)と瑕疵保険は売買後の安心に一役買ってくれるものと思ってます。
ここでは、ホームインスペクション(住宅診断) と瑕疵保険についてご説明させて頂きます。


 

 

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期等々を目視にて見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。

 

主にご自宅の売出し前や住宅の購入前にホームインスペクションを行うことで、建物のコンディションを把握し、安心して売買取引を行うことを目的に実施されます。
既存住宅(中古住宅)では空家に係らず居住中の住宅について調べることもあります。

(所有者の合意を得た上で行います)


また、新築住宅についても調べることもあります。

診断の方法は、目視で屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本です。
また機材を使用する詳細診断もあります。

 

この数年、中古住宅を買う方がその購入前、つまり契約前に購入判断のために住宅診断(ホームインスペクション)を利用する方が急速に増えてきました。大きな買い物をするだけに最終判断をする前のチェックとして住宅購入者にとってはご利用されるのも一つだと思います。

 

 

 

既存住宅売買瑕疵(かし)保険は検査した中古住宅のお引渡しから1年または5年保証を付ける任意の制度です。既存住宅売買瑕疵保険に加入するためには、住宅の基本的な性能について、専門の建築士(検査機関)による検査に合格することが必要です。
売買する中古住宅を検査機関が検査し、保険法人(住宅瑕疵担保責任保険法人)が保険を付けることで、引渡しから1年間や5年間の瑕疵担保責任を実現しようというものです。
対象となる中古住宅は1982年施行の新耐震基準を満たしていることが前提となります。

なお、保険の対象となる部分は新築と同じく構造耐力上必要な部分と雨水の浸入を防止する部分のほか、保険法人によっては特約などで給排水管や電気設備を対象としているケースもあります。
保険金の支払い対象となるのは補修費用のほか調査費用や転居・仮住まい費用などで、不動産業者が倒産などで買主に直接支払われる場合は必要な費用がカバーされることになります。

 

※詳細は(株)日本住宅保証検査機構のホームページへ

 

 

 

 

 既存住宅売買瑕疵保険の保険付保証明書は、

中古住宅の取得に係る減税などの適用に必要な「耐震基準を満たすことの証明書類」としてご利用いただけます。

<対象となる税制特例一覧>
  「登録免許税」、 「不動産取得税」、 「住宅ローン減税」、
  「贈与税非課税措置等」、「長期譲渡所得税」

<概要>

2013年度の税制改正により、中古住宅取得に係る減税等の適用に必要な「耐震基準の証明書(※1)」に、

既存住宅売買瑕疵保険の保険付保証明書が加わりました。

これにより、一戸建てなどの木造住宅は20年超、マンションなどの耐火住宅は25年超の住宅であっても、

1982年(昭和57年)以後に新築された建築基準法の新耐震基準該当建築物のものであれば、

引渡日(保険始期)が2013年4月1日以降の住宅に限り既存住宅売買瑕疵保険の付保証明書があれば

耐震基準の証明書類として、住宅ローン減税などの申請に利用できます。

(※1)「耐震基準の証明書類」は既存住宅売買瑕疵保険の保険付保証明書以外にもあります。
     (耐震基準適合証明書、建設性能評価書等)
     各発行主体又は国交省、国税庁、財務省などの
     ホームページなどでご確認下さい。

 

既存住宅売買瑕疵保険に加入していることを証する書類は、具体的には、住宅瑕疵担保責任保険法人が

発行する既存住宅売買瑕疵保険の保険付保証明書または保険加入証明書

(以下「保険付保証明書」といいます。)となります。

保険付保証明書とは、既存住宅売買瑕疵保険が締結されていることを証する書類です。

 

当社では、これから先の売買に積極的にこの既存住宅売買瑕疵保険を取り入れていきます。

 

中古住宅の売買時に、建物の劣化状況に不安を感じる消費者の皆様のため、専門家が対象となる住宅に訪問し、

建物の状態を調査し報告するものと合わせて、安心な中古住宅の取引時に有益な補助制度の案内や

税制優遇の情報をワンストップで提供できるサービスであるフェニーチェパックをご提案・おすすめ致しております。

 

※詳細は一般社団法人すまいの未来研究機構のホームページへ